2019年1月16日水曜日

【日本図書館協会選定図書】だましえだいく(フレーベル館)【全国学校図書館協議会選定図書】

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへこのエントリーをはてなブックマークに追加
【Ctrlキーを押しながらクリックしていただくと簡単に投票できます。】
だましえだいく(フレーベル館)


さく:青山 邦彦

定価 1300円(税別) 

全32ページ

読み聞かせおすすめ度  ☆☆☆☆☆
読みごたえ度      ☆☆☆☆☆
絵(写真)のかわいらしさ ☆☆☆☆☆
子どもと一緒に楽しめる度 ☆☆☆☆☆

実際に読み聞かせした夫か私の評価【満点:☆5つ】

読むのにかかった時間 15分程度


~読み聞かせの感想~
主人公は新米大工のハンヅ。
若くてやる気のある元気な大工さんです。

でも、彼の作業する建物はどこかおかしくなってしまいます。

今日は大金持ちの家をつくる工事現場。
ハンヅは張り切って仕事を始めたのに
早くもアクシデント発生です。

現場で棟梁が「おい、早く来ねぇか!」と呼んでも、
「行きたくても行けないんですよー」と大工たち。
そこで絵本の絵をよ~~~く見てみると
あら不思議!!

柱が真っすぐきれいに並んで立っているはずなのに、
気づくと柱の数が変わってる。
梯子は上っても、上っても、上っても同じところを回っている。

ハンズの立てる家はいつもこんな感じの繰り返し。
だから、誰も家づくりを任せようとはしない。

とうとうそんなハンヅには
大工の仕事がなくなってしまいます。

落ち込むハンズ。

そんなある日、
あの家を建てたお金持ちの家で火事が起きます。

逃げ場を失ったお金持ちの家族たち。
そこへ現れたのが、家を建てた張本人のハンズ。

誰も知らない家のへんてこりんない仕組みを
誰よりも理解していたので、
大金持ちの家族を火事から救うことができました。

それからは、ハンズのへんてこりんな家づくりが個性と認められ
大工の仕事がひっきりなしにやってくるのでした。

とにかく、目を惹くのは絵。
建物の細かな質感と生き生きとし表現力には脱帽です。

でも、今回はそれだけでなく、「だまし絵」

青山邦彦さんのだまし絵だけに
いつまでも見ていられる完成度です。

2019年1月13日日曜日

【日本語は面白い】いつも いつも そうかな (ひまわりえほんシリーズ)鈴木出版【だじゃれ絵本】

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへこのエントリーをはてなブックマークに追加
【Ctrlキーを押しながらクリックしていただくと簡単に投票できます。】
いつも いつも そうかな (ひまわりえほんシリーズ)鈴木出版


さく:内田 麟太郎

え :下谷 二助

定価 1100円(税別) 

全32ページ

読み聞かせおすすめ度  ☆☆☆☆☆
読みごたえ度      ☆☆☆☆
絵(写真)のかわいらしさ ☆☆☆☆
子どもと一緒に楽しめる度 ☆☆☆☆☆

実際に読み聞かせした夫か私の評価【満点:☆5つ】

読むのにかかった時間 7分程度


~読み聞かせの感想~
だじゃれ絵本。

「いつも いつも 〇〇 かな」という語り口が
なんとも優しくて穏やかな気分にさせてくれます。

そんなテンポで読まれるダジャレ。

いつも いつも イカはいかっているのかな。
いつも いつも つるはつるつるしているのかな。

畳みかけるダジャレと面白い絵に子どもたちも大笑い。

いつも いつも はしははしっこあるいているのかな。
でも、同じテンポだと飽きちゃって
三回目ぐらいにはダジャレが滑っている感じもw

読み手にも試練を与えてくれます。

でもそんなタイミングを見計らって

はなをなでる 花

という急にシュールなダジャレをぶち込んでくる。
文字では伝わりませんが、
絵を一緒に見ると笑わずにはいられません。

最後は
いつも いつも よみちをつきそってくれるから おつきさんなのかな。

余韻の残る言葉で絵本は終わります。

準備体操して、大笑いして、整理体操で自分を取り戻す感じ。

なんだかとっても貴重な体験ができました。

2019年1月8日火曜日

【あのころの日々が たからもの】そうそうのにわ。 しげちゃんとくさおばけちゃん【つかむと消えてしまうくらいほんのり懐かしい】

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへこのエントリーをはてなブックマークに追加
【Ctrlキーを押しながらクリックしていただくと簡単に投票できます。】
そうそうのにわ。 しげちゃんとくさおばけちゃん(幻冬舎)


さく:きない じゅんこ

定価 1400円(税別) 

全32ページ

読み聞かせおすすめ度  ☆☆☆☆☆
読みごたえ度      ☆☆☆☆
絵(写真)のかわいらしさ ☆☆☆☆☆
子どもと一緒に楽しめる度 ☆☆☆☆

実際に読み聞かせした夫か私の評価【満点:☆5つ】

読むのにかかった時間 5分程度


~読み聞かせの感想~
タイトルを読み終わるまで間違えていました。

私が勝手に「想像の庭」とよんでいましたが、
実際には「そうそうのにわ」

言葉の意味が分からなかった私が
勝手に分かりやすいタイトルに頭の中で変換したようです。

そうは言っても、絵本の中身は表紙そのもの。

物語の展開は何回もありますが
どこか優しく、ゆったりとしていて懐かしい。

大人が呼んでも子どもの頃のなんとも言えない、
掴むと消えてしまいそうなおぼろげな思いを
そーっと湧き立たせてくれる絵本です。


物語はしげちゃんと草のおばけのお話です。

ある夏の日、庭に生えていた草を
しげちゃんのお母さんが抜こうとします。
その草を見て、しげちゃんは何か感じるものがあったのでしょう。

「この草、かわいい」

ここから、物語はスタートします。

その草は、実は心のある【くさおばけ】

絵本の中で時が過ぎるとともに
どんどんどんどん大きくなります。

晴れたり、雨が降ったり、嵐が来たり。

夏の天気は大きく変わります。
そのたびに、しげちゃんは草おばけのことが気になります。

そして、恐れていた台風がやってきます。
でも、くさおばけは台風にもたじろぐことなく、
「ぼくは台風の時だけ遠くへ行けるんだ」
とたくましくしげちゃんに自慢をします。

しげちゃんは台風がやってくる夜に布団に入りました。

でも寝れません。

寝られるわけがありません。

お友達になった草おばけが
遠くへ行ってしまうかもしれないのだから。

遠くへ行くってどういうこと?
お友達がいなくなるかもしれない気持ちってこういう事?

小さな体にわくわくしてるような、
ドキドキしているような、
不思議な気持ちを体いっぱいにため込みます。

さて、台風が過ぎ去った次の日、
しげちゃんと草おばけが見た景色は
どんな景色だったのでしょうか・・・


絵の色遣いが優しくて、
読み聞かせ後に娘が改めて
絵本をジーっと眺めておりました。

黙って絵本を眺めるその姿は
まるでしげちゃんのよう。

いつの間にか絵本の世界に入ってしまったのかもしれません。

そんな絵本が、この
「そうそうのにわ。 しげちゃんとくさおばけちゃん」
です。

2019年1月5日土曜日

【ニッサン童話と絵本のグランプリ絵本大賞受賞作】てんのおにまつり(BL出版)【節分の鬼も楽しみになる】

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへこのエントリーをはてなブックマークに追加
【Ctrlキーを押しながらクリックしていただくと簡単に投票できます。】
てんのおにまつり(BL出版)


さく:宮崎 優
え :宮崎 俊枝

定価 1300円(税別) 

全32ページ

読み聞かせおすすめ度  ☆☆☆☆☆
読みごたえ度      ☆☆☆☆
絵(写真)のかわいらしさ ☆☆☆☆☆
子どもと一緒に楽しめる度 ☆☆☆☆☆

実際に読み聞かせした夫か私の評価【満点:☆5つ】

読むのにかかった時間 5分程度


~読み聞かせの感想~

~絵本より引用~
まつりのたいこだ ドドンガドン
なみといっしょに ドデガデン

たいこでうみがたちあがり、中からりゅうじんあらわれる
デンドンダダーン ズンドデン。

※※※

韻を踏んだ文章が
リズムよく並んでいます。

太鼓の音に合わせて
次々とあらわれる特徴的な鬼。

そして、その周りをにぎやかにする
小さな小鬼たち。

鬼たちはいきいきと
生命力ある踊りを見せてくれます。

濁点の多い言葉は
まるで自分が太鼓になったかのよう。

ゆっくりじっくり読んでもよいし
素早く抜ける場面があっても良し。


この絵本は絵が特徴的でもあります。

切り絵のような
染め絵のような
さまざまな質感の色どりが
コラージュ作品として
絵本を賑やかに
そして、重みあるものにしてくれます。

読み手は言葉に様々な表情をつけることが出来るので
一度のみならず、
繰り返し読んでいると
気づかぬうちに子どもたちも一緒に口ずさんでいます。

デンドンダダーン ズンドデン。
子どもたちと一緒に楽しめる絵本です。

2019年1月2日水曜日

【口コミ】図書館で素敵な絵本を見つける方法【読み聞かせ】

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへこのエントリーをはてなブックマークに追加
【Ctrlキーを押しながらクリックしていただくと簡単に投票できます。】
図書館で感じた違和感・・・
あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。


さて、つい最近、気になったことについて
書き記しておきたいと思います。

先日、いつもの通り図書館へ行きました。
子どもたちはリュックを背負って、
図書館へ入館するとともに
足早にお気に入りの本棚へと向かいます。

長男は漫画コーナーへw
娘は生物コーナーへ行きました。

この日は年末。
冬休みの宿題や休み中の読書に向けて
多くの人が図書館を利用されていました。

私は、一足先に子どもたちと最後に集合する場所になっている
絵本コーナーへと向かいました。

そこには、ちびっ子はもちろん
絵本を真剣に選ぶパパやママの姿が
いつもより多くありました。

・・・

しかし、その様子を眺めていた時に
違和感があったのです。

お父さん、お母さんが絵本を選ぶごくごく自然な姿。

なのですが、子どもと一緒に絵本を選ぶ姿が
そこには見られなかったのです。

たまたまなのかもしれません。
すべての親子がそうとは言いません。

ただ、最近多いなと思うのが、
スマートフォンを片手に
絵本の口コミを見比べて
絵本を選ぶ親の姿が増えていることです。

絵本で素敵な時間を過ごしたいのかもしれません。
びっくりさせたり、感動させたりしたいのかもしれません。

ただ、私が見た光景は、
子どもは飽きて床で遊び始めている中、
ママがスマホに視線を落とし、
わが子を忘れたかのように絵本選びをしている姿でした。

違和感。
そう表現するしかない寂しい様子がそこにはありました。

図書館は宝の山。絵本ブログなんてかなわない。

このブログを開設して、絵本を紹介すると
こんな質問を複数回いただくことがありました。
「どうして、素敵な絵本を見つけることができるのですか?」

実は、わが家の読み聞かせはほぼ毎日行われています。
しかし、このブログの更新はほかのブログとの兼ね合いで
3日に1度程度になります。

つまり、読み聞かせた本の3分の2は紹介せず
図書館へと返却されています。

本の選び方はというと、適当。
狙いを定めたりせず、図書館へと足を運ぶと
絵本の本棚へ行き、表紙の見える本を選んだり
しゃがみこんで奥から引っ張り出したり、
まるでバーゲンセール品を漁るように
手に取ったものを選びます。

一つこだわりがあるとすれば、
必ず子どもが選んだ本も借りることでしょうか。

子どもの絵本選びも適当で
時間のある時にはじっくり探しますが
漫画選びに時間をかけすぎ
絵本を選ぶ時間がないと
目をつぶって持ってくるように
わずか10秒ほどで絵本を選択してくることもあります。


でも、それでいいと私は思います。
感想文を書くようなとき、
調べ物をするようなとき、
どうしても読みたい本があるときに
スマートフォンで口コミを調べ
気に入った本を図書館の端末で検索し
本を手にするのもよいと思います。

でも、読み聞かせの絵本は・・・
失敗があってもいいのではないでしょうか。

ときどき、わが家でもあります。
内容が理解できず、
・・・(-_-;)
みたいなときも。

それでも、
この絵本は意味が分からないねとか、
面白くなかったなあというのが感想として出てくると

じゃあ、面白い絵本ってどんなのなんだろうと
次へのきっかけが何かできるものです。

逆に、面白い絵本を探し、
読み聞かせに満足し、
また、面白い絵本を探し、
さらに満足度を高めると、
だんだん面白い絵本のハードルが上がって
絵本選びがプレッシャーになってしまいます。

素敵な絵本を選びたいという気持ちはよく分かります。
でも、そうであるならなおさら、
たくさん読み聞かせをしてあげる
絵本を味わう機会を増やせばよいのです。

食べ物に好きなものがそれぞれあるように
絵本にも好みがあるものです。
でも、好きなものだけ食べ続ければいずれ飽き、
見るのも嫌になることがあります。
そうなっては、もったいない。


図書館には新しい本から古い本まで、
実に様々な絵本が置かれています。
そこには、当たりの絵本はもちろん、はずれの絵本もあります。
でも、はずれの本から得られることもきっとある。
私はそう思っています。

冒頭に書いた図書館での違和感。
絵本は読んでみて初めて感じるものがあります。
感じ方は人ぞれぞれです。
だからこそ、口コミとの単なる比較ではなく、
手に取り、開いてみて、
お子さんと一緒に覗いてみる。

そんなことを繰り返せる図書館の過ごし方、
本選びの時間を過ごしてほしいなと思っています。


じゃあ、私のブログの存在価値はない?!
・・・そうかもしれません。
図書館という宝の山の前で絵本ブログなど
比較の対象にもなりません。

それぐらい、私は図書館の絵本コーナーが大好きです。

2018年12月30日日曜日

【親子で泣ける感動のハートフルストーリー】おばけのケーキ屋さん(マイクロマガジン社)【pixivから生まれた絵本】

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへこのエントリーをはてなブックマークに追加
【Ctrlキーを押しながらクリックしていただくと簡単に投票できます。】
おばけのケーキ屋さん(マイクロマガジン社)


さく:SAKAE

定価 1000円(税別) 

全32ページ

読み聞かせおすすめ度  ☆☆☆☆☆
読みごたえ度      ☆☆☆☆
絵(写真)のかわいらしさ ☆☆☆☆☆
子どもと一緒に楽しめる度 ☆☆☆☆

実際に読み聞かせした夫か私の評価【満点:☆5つ】

読むのにかかった時間 15分程度


~読み聞かせの感想~
イラスト コミュニケーションサービス【pixiv(ピクシブ)】で
話題となった物語が絵本となりました。

表紙のほのぼのとした感じ、
タイトルの「おばけのケーキ屋さん」

どちらからも、想像しにくいストーリーに
読者からも賛否両論ある絵本ですが、
今回もわが子たちは読み聞かせ後に
討論会を勝手に開催する、
わが家にとっては意義ある絵本となりました。


物語の登場人物は主に二人。
ケーキ屋さんを営むお化けの男性。
それから、幼い少女です。

おばけのケーキ屋さんは、
自作の世界一美味しいケーキを食べさせて
みんなをビックリさせるのが大好き。

ふつうの怖いお化けとは違う
ちょっと変わったお化けです。

そんなケーキ屋さんに女の子が来店。

今回も女の子にとびっきりのケーキで
びっくりさせてしまおうと企みます。

ところが、少女はケーキを食べると
びっくりすることなく、静かに

「おいしいけど、パパのつくるケーキと同じくらいかな」

とつぶやきます。

自分のケーキを世界一おいしいと自負しているお化け。
なんだか、少女の反応が悔しくて

これは負けてられないと女の子にこう言います。
「これから月にいちどケーキを食べにおいでよ」

ここから、毎月、お化けのケーキ屋に少女がやってきます。

しかし、どんなにおいしい違ったケーキを食べさせようとも

「おいしいけど、パパのつくるケーキと同じくらいかな」

としか言ってくれません。
それでも何度も何度も挑戦するお化け。

月日はあっという間に過ぎていきます。


そんなある日、突然少女が改まって現れます。
そして、うれしくも悲しいお知らせをおばけに打ち明けます。

少女は大人となり、結婚することになりました。
そして、このケーキ屋さんにはもう来れないことを告げます。

おばけが祝福しようとしたその時、

さらに、少女は自分がおばけの娘であることを告白します。

おばけは、驚きます。



そしておばけは翌日、結婚式が行われることを知るのです。

おばけは思いました。

娘の最高の晴れ舞台に
なんとしても自分の最高のケーキを届けたい。

そう思ったおばけは、
必死にウエディングケーキを作り、
届けます。

しかし、所詮はおばけ。
夜の世界の身。

太陽にあたるとおばけは消滅してしまいます。

それでも、娘のために、
朝日が昇るギリギリまでケーキを作り
必死に会場まで届けました。

ケーキは無事、娘の結婚式会場へ届きます。

娘はお父さんおばけのケーキが届いていることに驚きつつ、
大切なケーキを味わいます。

そして、娘はこうつぶやきました。
『おばけさんのつくるケーキは 世界一おいしいよ』
『だって わたしがいちばん大好きなケーキだもの!』
「ありがとう。わたし あなたに会えて とても幸せでした」
と伝えるのです。

自分の娘にケーキを作り続けたおばけ。
消滅を恐れず、娘の晴れ舞台へケーキを届けたおばけ。

滑稽で不細工な展開ではありますが
ストレートな温かい思いは伝わりました。


ところで、この絵本を読み聞かせしていると
子どもたちでも気づく疑問点があるようです。

「女の子はおばけをお父さんと知っていてこのケーキ屋さんへ来たのかな?」
「なぜ、おばけは女の子を見て、娘と気付かなかったのかな?」

どちらの疑問もなるほどなと私は感心しました。
そして、自分たちでいろいろと前後の話を想像しながら

「きっと前にケーキを食べた少女がお父さんだって気が付いて
確かめにこのケーキ屋さんへ来たんだよ」
「今よりだいぶ前に死んでしまったから
女の子のことに気が付かなかったんじゃない?」
と。

死を扱う絵本に慎重な声も上がる世の中ですが
私はあんまりタブー視せず
いろんな想像をしてほしいなと見守っています。

近くにいて、必要な時にフォローできればいいのかなと。

この絵本は、絵が現代的で印象に残ります。
様々なシリーズになっているの様なので
一度手に取ってみることをお勧めします。


2018年12月27日木曜日

【もったいないばあさんの 】てんごくとじごくのはなし(講談社)【協力しなくちゃできないこともあるんだね。】

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへこのエントリーをはてなブックマークに追加
【Ctrlキーを押しながらクリックしていただくと簡単に投票できます。】
もったいないばあさんの てんごくとじごくのはなし(講談社)


さく:真珠 まりこ

定価 1500円(税別) 

全32ページ

読み聞かせおすすめ度  ☆☆☆☆☆
読みごたえ度      ☆☆☆☆
絵(写真)のかわいらしさ ☆☆☆☆☆
子どもと一緒に楽しめる度 ☆☆☆☆☆

実際に読み聞かせした夫か私の評価【満点:☆5つ】

読むのにかかった時間 10分程度


~読み聞かせの感想~
あの「もったいないことをしていると、もったいないばあさんがくるよ!」
のもったいないばあさん。

シリーズ10周年で出されたのが、この「てんごくとじごくのはなし」だったよう。

この物語自体は、様々なところでお話しされている
古くから語り継がれている物語。

その物語にもったいないばあさんが顔を出し、
やっぱりお話で言われていることは大切なのねと
一緒に再確認できる物語です。


今回、もったいないばあさんが行き着いたのは
なんだか険しい顔をした人たちが列をなす
殺気だった場所。

何に並んでいるのかと先頭をのぞいてみると
そこには怖い赤鬼が。

そう、ここは地獄だったのです。

しかも、並んでいる人々に何かを配ってる。

細くてながーいもの。
先は丸くて・・・

そう、スプーンです。

並んでいる人々の声をよく聞くと
「腹減った~」「はやくしろ~」
など、食べ物に困っている様子。

でも、普通のスプーンではなく
なんであんなに人の背丈もある長いスプーンなのか。


スプーンを持った人々は
底の深い大きな鍋へ移動します。
鍋の周りにぐるっと並ぶと
我先にとお鍋のスープを飲もうとします。

そりゃあ、おなかがすいていれば
早く人よりも多く口にスープを入れたいところ。

でも・・・
長いスプーンで深い鍋のスープを
すくうことはできるのだけれど
一人で口元へは運べない。

地獄の人々は何度も何度もチャレンジしますが
何度やったって結果は同じ。
結局、スープを飲めない人々は
互いを罵り合って、汚い言葉が飛び交います。

それを見ていたもったいないばあさん。

はっとひらめきます。
どうやったら、スープを飲めるかを。

すぐに飲み方を教えてあげようと鍋に近づくと・・・
鬼に見つかり一言。
「おまえがなぜここにいる!」
怖い鬼に一突きされて、
もったいないばあさんは地獄から追い出されてしますます。

追い出されたもったいないばあさんの行き先は

天国。

天国でも同じように長いスプーンと大きなお鍋が用意されていました。
しかし、天国では全く喧嘩は起きません。
それどころか上手にお鍋のスープを食べているのです。

その姿を見て、小学生の子どもたちは
初めてこのお話を聞いたらしく
「なるほど!!」
とえらく感心していました。

皆さんがご存知の通り、
天国の人たちは自分ですくったスープを
向かいにいる人の口元へ運んであげます。
自分のすくったものを人に食べさせてあげることで
自分も同じことをしてもらい、
口元に届かなかったスープを協力して飲むことができたのです。

小学1年生の娘は「一番初めに気づいた人は偉いね」と言いました。
それに、小学3年生の兄が「でも、それを真似してみんなでやったのもえらいよね」
となんだかここは教室かと思うような意見交換をしていました。

私は今回は一言もフォローせず読み聞かせを終えました。

きっと、次の日には忘れてしまうでしょうが、
いつか困難なことがあったとき、
お友達が苦しんでいるときに、
ちょっとした手助けを苦としない子に育ってほしい、
そんな願いだけはもって、
これからも読み聞かせを続けていきます。